ケイキサレート散 ケイキサレート ドライシロップ 76%

ケイキサレートQ&A

参考資料
ケイキサレートによるアシドーシス補正メカニズム
ケイキサレートは、消化管内でタンパク質の分解により生成された酸(アンモニウムイオン:NH4+)をイオン交換し、NH4-resinとして便中に排泄します。また、ケイキサレートのナトリウムイオン(Na+)が、消化管内で生成されたHCO3と結合し、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)を生成します。生成されたNaHCO3は、血液中に移行し、アシドーシスを補正すると想定されています。
ケイキサレートによるアシドーシス補正メカニズム
CA:carbonic anhydrase(炭酸脱水酵素)